更年期の薄毛対策

Home | 未分類 | 更年期の薄毛対策

中高年期、更年期の薄毛はある程度は遺伝もあると思います。
自分の親や兄弟がどのくらいの年齢で薄毛が進んだかを確認し、できれば以下に書くことを予防策として頭に入れておいてください。
一度抜け毛や薄毛に気づくとなかなかそこから元通りにするのは難しい印象があるかもしれません。
けれども自分で気をつけることで改善できることもあります。

まずサプリメントですが、亜鉛が効果があると言われています。
薬局などで手軽に変えるので試してみてはどうでしょうか。
たくさん飲めばそれだけ効くということではないので用法容量は守ること。それと、サプリメントは続けることが大事です。できれば一度に一日の量を飲むよりは、朝と夜などのように一日の量を分けて飲むことをおすすめします。その方が体に栄養素の欠乏状態の時間を作らずに済むからです。
また亜鉛の多く含まれている食材(牡蠣などが代表的)を普段から多く摂るように心がけましょう。

そして睡眠不足は大敵です。
女性の場合はとくにホルモンが関係してきますので、女性として人間として規則正しい生活をすることが大事です。
肌も内蔵も髪も、寝ている間に成長・修復がなされます。
その時間が短く、かつ浅い眠りばかりだと当然体は正常な状態を保ちにくくなるのです。

髪が抜けるので洗髪回数を減らすという人もいますが、これは逆効果です。毛穴に汚れが溜まるのはよくありません。
1日もしくは2日に一度は洗髪し、清潔を保ってください。
ゆっくりと入浴し、汗をかき、地肌を柔らかくした状態でゆっくりと優しくマッサージするのがいいでしょう。
中高年期に入っても、地肌がべたつく、油っぽいと感じる人は、クレンジング効果のあるシャンプーを使いましょう。ただし、毎日は必要ありません。地肌に必要な有益な油分を取りすぎることで地肌が荒れ、フケやかゆみの原因にもなるからです。
髪の長い人は、髪を乾かす際にも注意してください。
洗い流さないトリートメント剤を使うことでクシ通り指通りがよくなり、スタイリング時の抜け毛を防ぐことができます。

カラリングやパーマは髪も地肌も痛めます。
やらないに越したことはないのですが、そうもいかないという人もいるでしょう。
あまり気にしすぎることなく過ごすことも大事です。
ストレスや精神的なことも髪には大きく影響します。
多かれ少なかれ誰もが悩むことと割り切って、食生活や睡眠に気をつけて過ごされることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>